🎬ふつ映-singark07-ブログ

シンプルに感想・レビューします。映画・音楽・旅・食べ物・水曜どうでしょう・ゲームセンターCX

🎬🐱‍🏍「ルパン三世 天使の策略~夢のカケラは殺しの香り~」あらすじ~結末・評価

「ルパン三世 天使の策略~夢のカケラは殺しの香り~」

2005年 日本アニメーション

監督 宮繁之

声の主演・出演 栗田貫一 納谷悟朗 モノマネ芸人のホリ

内容・賞など TVスペシャル第17弾

金曜ロードショーで放送。敵の組織が全員女性、ルパンが敵ボスを射殺するという珍しい作品。

ルパン三世 天使の策略~夢のカケラは殺しの香り~ [DVD]

 

 

 

読者になる

あらすじ・結末

女性だけの組織ブラッディエンジェルスはルパン一味を利用し、殺そうと計画。ロズウェル事件で墜落したUFOのカケラといわれる「オリジナルメタル」をめぐり、争奪戦が始まる。五右衛門の斬鉄剣は固いオリジナルメタルを切れず刃こぼれし、妖刀「紅桜」を持つ刺客との戦いで敗れる。
調べるうちにオリジナルメタルは宇宙金属ではなくアメリカが開発した特殊超合金だった。
ブラッディエンジェルスとの戦いとなり、紅桜を持つ刺客などを倒していくルパンたち。そのなかでルパンをメインに襲った刺客の事情を知り、助けようとするが、警察のダメ新人のふりをしていた敵のボスに殺されてしまう。

ボスを追い詰めたルパン。裏切り騙しを続けたボスだったが命だけは助けてやろうとする。が、最後にもまた裏切り銃を撃とうとしたため、ワルサーの引き金を引いたのだった。

 

感想(良いところ・残念なところ)

良いところ、プラスポイント

・いきなりピンチ

・銭形の誘い込み、バレてないふり

・空中戦

・特徴的な4人の刺客

・ロズウェル事件とUFO

 ・アクション強め

・音楽がいい TVパート2シリーズの曲を新アレンジ。デンジャラスゾーン、スパイラルフライト、ワイルドクライシスが流れます

・妖刀紅桜

・潔く逃げる五右衛門 忍者ムササビのように

・伝説の刀鍛冶 なんとオリジナルメタルで研いじゃう

 

残念なところ

・血がけっこう出る

・ロズウェル事件とUFOは関係ない

・銭形の誘い込み、せっかくなのにもっとうまくやっておくれよ、早く見破りすぎ

・熱帯魚を殺してしまう

・まだ若い栗貫と熟練メンバーとの声のギャップ

・紅桜 血だらけ

・ルパンの変装の声

・B級ならぬC級ボス B級には良さがあるが、このボスはいまいち。バレたときの姿やラストもひどい(3人に囲まれた状況でルパンを殺したとしても2人にやられたら意味ないのでは1対1でないときにはあまりにも愚行)

・相も変わらずルパン・銭形が手錠で逃走(ルパンの鉄板のようになってしまった)

・粉塵爆発、子供に気をつけて、ということかな、あんなに血だらけで子供が見るような感じではないが

・次元に弾を渡すシーンに繋がる敵との戦いで、ポケットの片方が破けたら、もう片方見ませんか・・

・ボスが扮したダメ新人に騙される銭形は、あんまりにもわからなすぎ、一級刑事なのに、この作品ではポンコツすぎ

 

まとめ

「アクション強めと音楽がいい」

1995年の出演から10年。クリカンのレベルが上がってきたものの、声が若い。そして、周りのベテラン人がよりベテランになってしまってギャップが大きい。声の若さがより目立つ感じとなってしまった。

アクションには力が入っています。血だらけでなかったらなと。音楽は昔のTVシリーズを見た人なら、おお~と思う。けれども使いどころがもったいないかも。

 評価 E 40点 

ルパンシリーズ、コンプリート目指すならば

 

音楽

「ルパン三世のテーマ」

アーティスト「大野雄二」

「ルパン三世のテーマ」30周年コンサート “LUPIN!LUPIN!!LUPIN!!!” [DVD]

 

Angel Trickery ~The Piece of the Dream is the Smell of Killing~

 

読者になる

お気軽に登録ください。基本、こちらからも登録させていただきます。

画像はAmazonアソシエイトからの公式提供、もしくはブログ主本人の撮影画像です。

🎧「LUNA SEA 30th anniversary LIVE -Story of the ten thousand days- DAY2 2019.6.1」セットリスト

ライブ・セットリスト曲紹介

「30th anniversary LIVE -Story of the ten thousand days- DAY2 」

2019年6月1日

アーティスト 「LUNASEA」

武道館での30周年記念ライブ。シングルの曲中心にニューシングルの曲も演奏された。

 

1 LOVELESS

原曲 SUGIZO

トリプルネックが光るオープニングにふさわしい名曲。Jのベースがうなる。

MOTHER、ベストなどに収録。

COMPLETE BEST-ASIA LIMITED EDITION-

 

2 TONIGHT

原曲 J

終幕前のシングル。Jらしいストレートな曲。単純ながらも聞けばこれだとわかるINORANのリフ。

TONIGHT

3 Rouge

原曲 SUGIZO

走るSUGIZOのリフとサビのカッティングがかっこいい。エンディングもビシッと決まる。

The End of the Dream/Rouge

4 END OF SORROW

原曲 SUGIZO

LUNASEAヴィジュアル全盛期の名曲。SUGIZOの長音が響く。

END OF SORROW

5 TRUE BLUE

原曲 J

SUGIZOの単音リードギターに、ギターふたりの掛け合い。ノイズプレイにシンプルなJのベース。LUNASEAらしさが詰め込まれている。

TRUE BLUE

6 宇宙の詩 ~Higher and Higher~
原曲 SUGIZO
「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星」オープニングテーマ

新曲として披露。JのAメロのベースがLUNASEAの王道リフでかっこいい。

【完全生産限定盤】LUNA SEA/宇宙の詩 〜Higher and Higher〜 / 悲壮美 (限定盤B)(CD+Tシャツ)(安彦良和“LUNA SEA"イラストジャケットLPサイズ仕様、オリジナルTシャツ付き)

7 FACE TO FACE

原曲 INORAN

INORANパーカッションバージョン

MOTHER収録(このバージョンはライブのみ) 迫力のあるINORANの叩きっぷりはライブならでは。

MOTHER

 

8 RAIN

原曲 INORAN

アコースティック、バイオリンバージョン

ROSIERカップリング曲、SINGLESのDISC2にも収録。

通常バージョンも名曲だが、このバージョンも素晴らしい。

レイン

 

9 DRUM SOLO

和と融合

10 BASS SOLO

 

11 BLUE TRANSPARENCY(限りなく透明に近いブルー)

原曲 INORAN

ファーストアルバムとセルフカバーアルバムに収録。ライブでは前奏が付き、否応なしに盛り上がる。指引きのSUGIZOのプレイ、Jの走りまくるベース。

BLUE TRANSPARENCY 限りなく透明に近いブルー ver.2011

12 I FOR YOU

原曲 SUGIZO

コード弾きから始まる、あの音作りにSUGIZOサウンドがある。唯一無二の音。

I for You

13 BLACK AND BLUE

原曲 SUGIZO

LUV収録。アルバムの曲ではあるが、名曲中の名曲。ジャジーでありフュージョン系のSUGIZOのリフに吸い付くようなドラムとの融合。裏打ちのINORAN。広がりのあるサビのボーカルから全員一体化のコーラス。自然と手を頭上でクラップし、自然と手を横に振るのが当たり前のようにそこにある。この曲には自然とそうさせる力がある。

BLACK AND BLUE

14 IN MY DREAM(WITH SHIVER)

原曲J

INORANの単純ながらも重ねた音を変えることで印象を作るイントロにコード弾きのベース。爽やかで壮大なギターソロ。ライブバージョンは終わりがかっこいい。

IN MY DREAM(WITH SHIVER)

15 TIME IS DEAD

原曲 J

ファーストなどに収録。

シンプルなJのベースを聞く。そこに見事なカッティングのギターが重なる。

LUNA SEA 25th Anniversary Ultimate Best THE ONE

16 ROSIER

原曲 J

LUNA SEAはこれを聞く。これを聞いてくれ。

疾走感・掛け合い・リフとアルペジオ、ドラムの力強さ。ボーカルのかっこよさ。渾身の一曲。

 

17 悲壮美
原曲 SUGIZO
「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星」オープニングテーマ

新曲として披露。壮大な広がりをみせるLUNASEAバラード。

THE BEYOND

18 Dejavu

原曲 SUGIZO

IMAGE収録。LUNASEAはこれで始まるといっても過言ではない曲。王道のリズムパターンは心に沁みついている。

IMAGE(DVD付)

19 WISH

原曲 J

IMAGEやPERIODなどに収録。

銀テープはこの曲とともにある。どんな時代でもこの曲があり、その時代ごとにいろんな表情を見せる。PERIODにはライブ盤をスタジオ収録したものが入っている。INORANのソロが響きわたる。

PERIOD

 

20 FOREVER & EVER

STYLE収録。ロングバラード。「どこまでたどり着けるのか確かめたくて」、あの時代に問われた答えは、今も走り続けることなのかもしれない。まだまだ続くとメッセージしてくれた記念ライブのエンディングにふさわしい名曲。ラストのINORANのコーラスギター音はいつまでも心に響き続ける。

STYLE

 

サイドバーにお気に入りの皆様のリンクがあります。ぜひどうぞ。

 

読者になる

お気軽に👆登録してください。

画像はAmazonアソシエイトからの公式提供、もしくはブログ主本人の撮影画像です。

 

🎬「夜の大捜査線」あらすじ~結末・評価

「夜の大捜査線」

1967年 アメリカ

監督 ノーマン・ジュイソン

主演・出演 ロッド・スタイガー シドニー・ポワチエ ウォーレン・オーツ

内容・賞など 第40回アカデミー賞作品賞 主演男優賞ロッド・スタイガ- 脚色賞 音響賞 編集賞を受賞

人種差別が厳しい町で発生した殺人事件を調査する白人警察署長と偶然だが捜査に協力することになった黒人敏腕刑事のサスペンス作品

夜の大捜査線 [DVD]

 

 

 

読者になる

あらすじ・結末

アメリカ南部の小さな町で殺人事件が発生した。白人の警察官は駅にいた黒人シドニー・ポワチエを見つけ、犯人と決めつけられ警察署長ロッド・スタイガーと対面する。しかし彼は都会の殺人専門敏腕刑事ティッブスだった。殺人事件が専門でない署長へ協力を嫌々ながらもすることになったティッブス。
鋭い視点と経験で事件を調査していくティッブスだが、人種偏見が強い町ということで、疑われ、襲われたり、協力をもらえないなど大変ではあるが、その能力に白人至上主義の署長も一目置くようになる。危機一髪だったが、事件はティッブスの力で解決する。

駅で見送る署長と町を出るティッブスの間には人種を超えたなにか友情のようなものができていた。

感想(良いところ・残念なところ)

良いところ、プラスポイント

・黒人と白人の人種偏見(マイナスポイントでもあり)

・スペシャリストの調査、凄腕

・能力を認める

・イノセント(無実だ)

・助けることで助けられる

・真実を追い求めるプライド

・家族になにが起きたか知るのに警察の人種は関係ない

・鋭い観察眼

・焦りはミスを誘発する、えん罪を生む

・偏見、人種を超えた協力

・納得の説得、証拠、根拠のある話

・一流は会話、機転も一流

・命を狙われても真実を突き止める信念

・署長の家でのティッブスとの会話

・犯人を追い詰めたときがピンチとなったときの起死回生の解決

・署長が認める

・ラスト、駅での別れ

・ふたりの演技力、まさにアカデミー賞

残念なところ

・人種差別という時代、場所

これがテーマになっているから残念ではないとは思いますが、極端なことは時代なのでしょうね。

 

音楽

「IN THE HEAT OF THE NIGHT」 

アーティスト「Ray Charles」

In the Heat of the Night

 

 

まとめ

「捜査官の鋭さがかっこよく、人種差別を超えるラストの駅のシーンが見事」

ティッブスの調査と観察眼があまりにも鋭くてかっこいい。それでいて会話にもスマートでありながらオシャレでもある、こんな人に憧れます。

そして、署長が徐々に認める人種差別を超えた人と人となりつつも、署長の家での会話のシーンは、根深い人種差別を象徴するものでした。

ラストの駅のシーン、ぜひ、みてください。 

 評価 D+ 55点 

人種差別、洋画、警察ものが苦手でなくて興味あればみてほしい

 

IN THE HEAT OF THE NIGHT

 

読者になる

お気軽に登録ください。基本、こちらからも登録させていただきます。

画像はAmazonアソシエイトからの公式提供、もしくはブログ主本人の撮影画像です。