映画と音楽~CINEMA&MUSIC andmore~

映画(邦画・洋画)・アニメ・TVSP・ライブ映像・ゲームセンターCX・水曜どうでしょうなどの映像と音楽を紹介。占いで決める映画・食べ物や旅で決める映画など、作品を決めるお手伝いをさせていただきます。ネタバレ注意。19時に毎日更新中。Twitterやってます。

5月7日「陰口」のテーマで映画や作品はいかがでしょうか。

5.7 火曜日 GW10連休明けて、ようやく休めます。腰が痛いです・・

占い「友人や仲間だと思っていた人に陰口を言われていたり、裏切られていることがありそう。がっかりしないで、自分の落ち度を認めて、考えや生き方を改めて」

強烈な占いの内容・・陰口は自分が発すると自分に返ってくるってのが、自分の考えですが、友人や仲間となると、ショックが大きいですね。落ち度を認める前に立ち直れるか・・

おすすめ映画「何者」

佐藤健有村架純二階堂ふみ菅田将暉出演。大学生の就職活動での苦悩・人間関係を描く。現代のSNSが当たり前という時代での行動は便利でもあり、恐ろしい社会だと思わせられる。SNS内にいる自分は別の自分ではあるが、不特定多数だけでなく、身近な人にも知られている世界。彼らは若いからツールの使い方を知らないが、それ以上に自分のような学生時代になかったツールの使い方を理解せず、都合よく悪用しているような気がする。都合悪いことは会話・電話せずにメールで済ませる。たとえば、不採用の通知。社会から、重要なことをメール・LINEで伝えられきた彼らに、大事なことは直接伝えてと言っても、響くことはないのではないだろうか。

何者

おすすめ映画「白ゆき姫殺人事件」

湊かなえ原作。井上真央主演。ある放火殺人事件をワイドショーで取り上げると、憶測でTwitterが飛び交い、失踪している会社員に疑いがかけられ、話は本人のいないところで大きくなっていく。噂に噂が・・それは事実なのか、真実は。現代のSNSを話題にした作品。昔よりも情報の速度は速く、それは事実より、興味が強く・話題性がある内容が伝えられる。視聴率・いいね・フォロアー数のためか。あとは無責任。煙のないところにも火が起きる時代。しかし気づいてないのは、法を犯している危険があるということを。文章に残ることや他人に伝えることで批難・中傷するときは事実なのか見極めないと、自分に跳ね返ってくると自分は思っています。十分に気をつけないといけませんね。

白ゆき姫殺人事件

 

友人や仲間と思っていた人に陰口・・そもそも友人や仲間でないということでしょうか・・自分の見る目がダメで、そういう人と一緒にいる自分がダメ。今日一日、陰口を聞かない・見ないことを願います。誰とも接触せず、何も見ないといいかもしれませんね。

ゲッターズ飯田の五星三心占い2019年版 金/銀の時計

ゲッターズ飯田の五星三心占い2019年版 金/銀の時計

 

 占い内容は、こちらから抜粋・引用・自分なりの解釈にて記載しています。

 

サイドバーにお気に入りの皆様のリンクがあります。ぜひどうぞ。