🎬ふつ映-singark07-ブログ

シンプルに感想・レビューします。映画・音楽・旅・食べ物・水曜どうでしょう・ゲームセンターCX・スポーツ&ブロ友さんのまとめサイトです

「天気の子」ただいま公開中(ネタバレ少しあります。ご注意ください。)【評価C60点】気になる方はぜひどうぞ。

 「天気の子」

日本アニメーション 2019年公開

読者になる

f:id:singark071781:20190720075133j:plain

 

f:id:singark071781:20190720080405j:plain

2019年7月19日公開の新海誠監督作品「天気の子」の初日に鑑賞してきました。

ネタバレないようにできるだけしますが、そうなると感想は難しいので、一番下には、すこし感想を書こうと思いますので、ご注意ください。

あらすじ

 離島から東京へ家出してきた高1の穂高(醍醐虎汰朗)、しかし、生活は困窮し、ようやく見つけた仕事はオカルト雑誌の仕事。会社の社長(小栗旬)・そこで働く女性(本田翼)と東京の生活を始める。連日降り続ける雨。そんなときに出会った少女、陽菜(森七菜)。彼女には不思議な力があった。※公式サイト引用

<これは、僕と彼女だけが知っている、世界の秘密についての物語>

 

感想

「雨が印象的な名作といえば、「天気の子」という作品ができた」

これが完全版かどうかはわからないが、もっといろんなシーンが見たかったという思い。音楽とのマッチング、当たり前の幸せの表現と特別な力が起こす表現のすごさ。

命・愛・世界、何を選択するのか。何気ないひとつひとつの言葉が世界を形成する。

1度より、何度か見ると、もっと良さが感じられそうな作品です。

 音楽 

「愛にできることはまだあるかい」RADWIMPS

「グランドエスケープ」feat.三浦透子

 

f:id:singark071781:20190720075140j:plain
f:id:singark071781:20190720075138j:plain

f:id:singark071781:20190720075149j:plain

f:id:singark071781:20190720075143j:plain

f:id:singark071781:20190720075146j:plain

 少しネタバレあります。ご注意ください。

ボリュームが多いのかなと思いました。東京で新しい生活をする楽しさ。陽菜と新しい仕事をする楽しさ。社長の生活と家族。事件と警察。陽菜と弟の生活。きっと、たくさんの問題と幸せがそれぞれにあって、その中で、穂高は何を選択するのか。いろんなことはあるけれど、今、一番大切なことは何か、その答えはシンプルだということなのかなと思います。

社長(小栗旬)も穂高も何気なく当たり前に晴れを望む。社長は一人犠牲になれば、他人のことならば、それでいいと思ってしまう。社長も穂高も、それが違うと気付くのですが。

前作の「君の名は。」でも、彗星がきれいだ、と他人事なほとんどの人々と被害にあった村のように。でも、それが自分が関わる人なら、愛した人なら、家族なら。

命より、大切なものなんてない。世界がどんな状況になったって命に勝るものはない、とも感じられる作品。

きっと、単純に、会いたい人に会いたい。一緒にいたい。それだけ。

この幸せの時間を続けてほしいと願う穂高のシーン、女性(本田翼)、社長と弟の助けを借りて進む穂高のシーン。そこでの弟の言葉のところぐっときました。

世界のことより一人の幸せ。それでいいんじゃないでしょうか。世界は変えることができても、命を戻すことはできないのだから。

 

読者になる

画像はAmazonアソシエイトからの公式提供、もしくはブログ主本人の撮影画像です。