🎬ふつ映-singark07-ブログ

シンプルに感想・レビューします。映画・音楽・旅・食べ物・水曜どうでしょう・ゲームセンターCX・スポーツ&ブロ友さんのまとめサイトです

「映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!」(2007年)あらすじ・感想・結末【評価F30点】

 「映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!」

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌う ケツだけ爆弾!

2007年。日本アニメ。

声のゲスト出演 戸田恵子 AKB48 京本政樹

内容・賞など 劇場版第15作目。15周年記念作品。

読者になる

あらすじ

歌う宇宙人の宇宙船が隕石に衝突しようしていた。宇宙人は爆弾を発射し、1曲歌うと爆弾は爆発し、隕石は粉々になった。宇宙人はケツ踊りをして歌って喜んだ。爆弾の1個が爆発せず、地球へ落下した。

野原一家は沖縄へバカンスにきていた。ひろしの勤続15年でのご褒美だった。爆弾はその沖縄に来てしまい、犬のシロとしんのすけが遊んでいると、シロのお尻にくっついてしまった。宇宙からの危険を監視していた組織は危険を察知する。爆弾はなにをやってもシロから離れることはなかった。

爆弾のシロを狙う、監視組織と別の組織「ひなげし歌劇団」歌劇団は爆弾を手に入れて世界を支配しようとしていた。

高速で歌劇団に襲われるが逃げ切る。家に帰ると監視組織がいて爆弾の説明をうけ、シロを引き渡すように指示される。ひろしとみさえもあきらめて渡すことを決めるが。逃げるしんのすけ。

感想

「子供むけの作品とはいえ強引すぎる」

シロを助けようとするのが、完全にしんのすけのみとなっている、ひろし・みさえは後半までは無情なまでの大人。アニメなのだから、家族みんなで最初から守ってほしかった。話はつじつまが合わないのに、そこは常識的でアニメでも厳しい。地球が爆発するってのに、爆発しそうになったら家から退去する監視組織?。映画しんちゃんは普段言えない、当然なことを野原一家が果たすからいい、と自分は思う。ひろし・みさえは確かにちょっと間違いはするが、シロの命をサッサと捨てるような人たちではないはず、と思ってしまった。そのあとはドタバタも解決もすっと入ってこない。ひろし・みさえが助けようとするのはずいぶんと後半、心変わりも唐突、敵のボスは極端すぎ、監視組織のボスなのにシャンパンで乾杯?。理由ない事象が多すぎです。犬と地球の滅亡・・、しんのすけだけに背負わせすぎと思います。ラスト、ひろし・みさえがロケットから一緒に脱出してほしかった。

 

 評価 F 30点 シリーズコンプリートしたい方へおすすめです。

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ歌うケツだけ爆弾! (えいがおはなしシリーズ)

結末

シロはしんのすけを思い、捕まる。ロケットにシロを入れて宇宙へ飛ばそうとする組織。ロケットにつながれたシロのもとへ行くしんのすけ。歌劇団が現れ、ロケットは二人を残して橋が壊されてしまう。ロケットへ乗り込む歌劇団ボス。

強引にロケット発射を進める組織のボス。しんのすけが爆弾に乗ると爆弾は膨らみ、シロから外れた。ロケットを止めるようにボスへいうひろし・みさえ、しかし計画をそのまま実行するボス。戦うひろし・みさえ。発射捜査は一度エラーとなるが修復され、ロケットが発射されてしまう。

ロケットのドアが開き、爆弾がまた膨らみ、しんのすけ・シロ・歌劇団ボスはロケットから落ちる。爆弾は宇宙で爆発した。

歌劇団ボスはマントをパラシュートにして落下してくる。ボスと一緒になり下りてくるしんのすけとシロ。受け止めるひろし。監視組織のボスはひろしに殴られ、組織の部下にも愛想をつかされた。

普段のようにシロと散歩するしんのすけだった。

 

Singing Bomb

 

 エンディングテーマ

「Cry Baby」

アーティスト「SEAMO」

Cry Baby

 

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!|中古DVD [レンタル落ち] [DVD]

サイドバーにお気に入りの皆様のリンクがあります。

 前作はこちら「クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ」

次回作はこちら「映画 クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ金矛の勇者」

映画クレヨンしんちゃん ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者

 

過去の作品

 

singark071781.hatenablog.com

singark071781.hatenablog.com

singark071781.hatenablog.com

 

 

読者になる

お気軽に登録ください。基本、こちらからも登録させていただきます。

画像はAmazonアソシエイトからの公式提供、もしくはブログ主本人の撮影画像です。