🎬ふつ映-singark07-ブログ

シンプルに感想・レビューします。映画・音楽・旅・食べ物・水曜どうでしょう・ゲームセンターCX・スポーツ&ブロ友さんのまとめサイトです

北海道26「北海道の旅㉖子供も大人も楽しめるドラえもん」旅と漫画と映画と音楽と水曜どうでしょう

北海道へ旅をしてきました。 前回の話はこちらです。

singark071781.hatenablog.com

 

singark071781.hatenablog.com

 「ドラえもん わくわくスカイパーク」

住所 新千歳空港 連絡施設3F

カテゴリー カフェ 軽食 ショップ パークゾーン

f:id:singark071781:20191104222011j:plain

f:id:singark071781:20191104222016j:plain

f:id:singark071781:20191104222020j:plain

f:id:singark071781:20191104222027j:plain

f:id:singark071781:20191104222023j:plain

f:id:singark071781:20191104222046j:plain

f:id:singark071781:20191104222056j:plain

f:id:singark071781:20191104222059j:plain

f:id:singark071781:20191104222103j:plain

f:id:singark071781:20191104222106j:plain

f:id:singark071781:20191104222052j:plain

f:id:singark071781:20191104222110j:plain

f:id:singark071781:20191104222114j:plain

f:id:singark071781:20191104222117j:plain

f:id:singark071781:20191104222125j:plain

f:id:singark071781:20191104222122j:plain

北海道の旅の最後は、ドラえもんのテーマパークで、たい焼きをいただきました。

2個のドラえもん・ドラミちゃんのどちらかが食べることができるかは、運次第。どちらも出ましたので、並べて写真撮影。カフェで食べたいものもありましたが、もうお腹が限界でした、残念です。

漫画や絵が飾っていて、懐かしいものも多数。今でも、世界各国でも愛されるドラえもん。海外の言葉で書かれた漫画も展示してありました。作者の藤子・F・不二雄さんは亡くなってしまいましたが、ドラえもんはこれからも永遠に愛されていくのでしょうね。

あんこたっぷり、クリームたっぷりのたい焼きを食べて、北海道の旅はお土産と飛行機だけとなりました。名残惜しき北海道。

 

今週のお題「好きな漫画」

という課題でしたので、大好きな漫画「ドラえもん」を紹介。

f:id:singark071781:20191104225409j:plain

f:id:singark071781:20191104225422j:plain

実家の廊下には漫画の棚がありまして、「ドラえもん」は1巻~45巻と映画版1巻~17巻までありました。誰が集めたのか、小さいころからあったので、よくわかりません。家族全員で買っていたのかも。

色褪せ具合からもわかるように、長~いこと保管されています。30年~35年は越えてるはず。

6巻の「さようならドラえもん」や「台風のフー子」名作ですね。

ほとんどはコミカルな話。その中に、確信のつく物語がちりばめられたドラえもん。「おばあちゃんの想い出」や「結婚前夜」なども名作です。いいことばかりでなく失敗だらけののび太が大切なものにふれる。映画ではその部分にフューチャーしているものが多いですが、漫画ではワンエピソードにすぎない。たくさんいろんなことがあるのが人生。未来の道具を使っても、成功だけでは終わらない。ここがドラえもんの魅力ではないかと思います。のび太が未来ののび太に依頼をすると、結局、自分が苦労するとか、道具のリミットが必ずあること。そういった、夢物語でありながら、大切なことを教わったと思います。

おいしそうな食べ物が出てきたり、仲間と喧嘩して、スポーツで失敗して、家出して一人で冒険したり。自分が子供のころにやりたかったことをドラえもんという世界で具現化するのび太たち。

最後に「アンキパン」うまくやればなんとかなるんじゃないか・・と思うけれど、食パンばっかり食べれないよ~。と夢と希望とリアルがミックスされている、この道具。パンにした藤子先生のすごさ。そうは簡単にいかないからね、とメッセージを感じました。

f:id:singark071781:20191104231618j:plain

f:id:singark071781:20191104231623j:plain

f:id:singark071781:20191104231627j:plain

 上の3つの写真は神奈川県の川崎にある藤子・F・不二雄ミュージアムの食堂での写真。空いている開店直後だったので写真を撮っていいと店員さんが言ってくれました。

ドラえもん ひみつ道具マジック アンキパン

ドラえもん ひみつ道具マジック アンキパン

 

いつか必ずできるだろう、未来の道具。いつか必ず出会えるだろう、ドラえもん。死んで生まれ変わったとき、「どこでもドア」と「暗記パン」があればな~とまだ漫画を読んでいるか、それとも実際に使っているか。そればっかりは目の前に「タイムマシン」がないので、想像するしかないですね。

映画

「映画ドラえもん のび太の恐竜」

1980年 劇場版 第1弾 

「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」

2006年 劇場版 第26弾

映画ドラえもん のび太の恐竜

映画ドラえもん のび太の恐竜 2006[映画ドラえもんスーパープライス商品] [DVD]

原作では恐竜を育てたのび太が元の時代へ戻すところまでが描かれ、その後までを描いた劇場版の最初の作品。声優さんが交代し、初めての劇場作品も恐竜であった。動物を飼うのは大変なことだ。のび太の精一杯の愛情と必ずやってくる別れが感情を揺さぶる。得るものがあれば失うものがある。でも、それは形でのことだ。本当に大切なことは、心に何が残ったか、何を記憶し、何でつながっているか。子供向けの作品であるからこそ、核心を突かれる。別れない、死なない、なんてことはない。それは必ずやってくる。それまでをどうするか、それからをどうするかが大切だと教えてくれる作品である。

 

音楽

「ドラえもん」

アーティスト 星野源

ドラえもん

ドラえもん

 

 ドラえもんのリスペクトにあふれた曲。「映画ドラえもん のび太の宝島」のメインテーマ。

 

 

水曜どうでしょう DVD第3弾

内容とレビューはこちら

singark071781.hatenablog.com

 

最新作の放送は北海道にて年末から、DVD第29弾の予約は11月末からです。

次は、北海道の旅、最終回です。長い間のお付き合いいただきありがとうございました。

 

よろしければ、読者登録お願いいたします。こちらよりも登録させていただきます。

読者になる

画像はAmazonアソシエイトからの公式提供、もしくはブログ主本人の撮影画像です。