🎬ふつ映-singark07-ブログ

シンプルに感想・レビューします。映画・音楽・旅・食べ物・水曜どうでしょう・ゲームセンターCX・スポーツ&ブロ友さんのまとめサイトです

🎬「雨に唄えば」(1952年・米)あらすじ~結末・感想【評価B+75点】

「雨に唄えば」

1952年 アメリカ

監督 ジーン・ケリー スタンリー・ドーネン

主演・出演 ジーン・ケリー デビー・レイノルズ ドナルド・オコナー

内容・賞など サイレント映画からトーキー映画に移る時代を描いたコメディミュージカル。

アメリカ映画協会ミュージカル映画ベスト1位

雨に唄えば(字幕版)

 

 

読者になる

あらすじ・結末

サイレント映画全盛の時代、人気俳優ドン(ジーン・ケリー)は駆け出しの女優キャシー(デビー・レイノルズ)と恋仲になる。 世界初のトーキー「ジャズ・シンガー」の成功により、作りかけだったドン&大人気女優リナのサイレント映画をトーキーにすることに。しかしリナが声がひどく映画の試写会は失敗。公開前にドンと親友コズモ(ドナルド・オコナー)、キャシーは映画をミュージカルに作り替える作戦を立て、リナの声はキャシーが吹き替えた。リナは、怒ってキャシーを表舞台に出れないようにしてしまう。
映画の完成披露試写会で成功すると、リナは自らの声でスピーチをしてしまい疑われる。生で歌うことを迫られ、キャシーが代わりに歌い、リナは口パクする。ドンたちは隠れていたキャシーを観客に見せて、吹き替えはバレてしまうのだった。結果、ドンとキャシーは結ばれ、スターとなった。

感想(良いところ・残念なところ)

良いところ、プラスポイント

・土砂降りの中で、ダンスを踊る名場面、警察官もいい

・友人と二人のタップダンスと楽器演奏

・初のトーキーという不慣れを表現、マイクは有線で音も録りづらいから大変

・リナ役のジーン・ヘイゲンはアカデミー賞助演女優賞にもノミネート、名悪役があってこそ、主役が輝く

・3人のダンスシーン

・声のきれいさ

・舞台裏を表現したロングミュージカルシーン

・わかりやすいストーリー

・すっと入ってくるミュージカルシーンの数々

・歌が素晴らしい

 

残念なところ

・見てないなんてもったいない

なので、残念なところは特になし

 

まとめ

「これがミュージカルだ」

 

3人の息の合ったダンスシーン。映画を作る舞台裏。悪役の見事なまでのピエロ振り。なんといっても傘をまわす土砂降りのシーン。エンディングのすがすがしさ。どれをとっても最上級の映画でした。 

 評価 B+ 75点 ミュージカルが苦手でも、これは見てほしい

 

音楽

「雨に唄えば」

雨に唄えば [DVD]

 

SINGIN' IN THE RAIN 

 

読者になる

お気軽に登録ください。基本、こちらからも登録させていただきます。

画像はAmazonアソシエイトからの公式提供、もしくはブログ主本人の撮影画像です。