🎬ふつ映-singark07-ブログ

シンプルに感想・レビューします。映画・音楽・旅・食べ物・水曜どうでしょう・ゲームセンターCX・スポーツ&ブロ友さんのまとめサイトです

🎬映画「弥生、三月 -君を愛した30年-」ただいま公開中【評価D 50点】

映画館が自粛解除となり、久しぶりに行ってきました。

自粛と経済と悩むところですが、映画を応援したいと いう気持ちは映画を見ることかなと勝手に思いました。

席は自分の周りは完全に360度いない、横は3つ空いています。自粛解除といっても、一人で見ているようなものでした。一番後ろの席を取りましたが、前には誰もいませんでした。

入口でのサーモグラフィー、マスク着用。

飲み物の提供は手袋を着用したスタッフたち。レジは大変なものです。自分は常にマスクしていますが、たまにいるマスクなしのお客さんの相手は恐怖との戦いです。再開することへの不安は大きなものだと思います。マスクしながら飲めるシステムを考える必要ありかもしれません。

それでも映画館に行ける喜び、楽しみは日々の生活の幸せを認識させてくれるものであり、映画館皆様に感謝の気持ちです。

安全になり、新しい映画がどんどん公開され、映画館に活気が戻ってくることをファンとして願うばかりです。

 今回は3月公開の映画が宮城限定と思いますが、いまやっていたので鑑賞してきました。

弥生、三月 (徳間文庫)

弥生、三月-君を愛した30年-(オリジナル・サウンドトラック)

【映画パンフレット】 弥生、三月 君を愛した30年 監督 遊川和彦 キャスト 波瑠、成田凌、杉咲花、岡田健史、小澤征悦、岡本玲


 「弥生、三月-君を愛した30年-」

ネタバレは軽めです。

2020年3月 監督 遊川和彦 邦画

出演 波留 成田凌

概要・あらすじ

30年間、3月だけで幼い頃から高校、大学、就職、結婚、東日本大震災、現在と幼なじみの男女を描いた作品

 

感想(良いところ・残念なところ・なんともいえないところ)


良いところ、プラスポイント

・宮城、仙台、石巻ロケ

・3月だけで綴る30年間

・電話の進化、いえでん、ピッチ、ケータイ、公衆電話、パカパカケータイ、スマホ

・「ボール返してください」返してあげてよ波留さん・・

・ベガルタ仙台

・親子の思い

 

残念なところ

・決めゼリフの弱さ、30年の展開が早いから、一つ一つのストーリーに重みが足りてないので、セリフが良くても背景の弱いセリフになってしまう

・墓参りですれ違う(しっかりと後ろ通ってます・・ちょっと無理があったかな)

・無茶苦茶な波留さんの父

・友人のテープの登場がもっと早くても(告知でテープの存在をアピールしているので)

 

 

何とも言えないところ

・いじめてたやつらが泣く(リアルっていえばそうかも)

・震災の様子(リアルとは言えないが、あの時を思い出してしまう)

・東京に、もしいたならと言われる(リアルにそうかもしれないなとは思いますがきつい)

・展開の早さ、テンポはいいが、薄くなる

・「見上げてごらん夜の星を」よくも悪くも使いすぎかなと

・ラストのふたりの歌

・赤ちゃん、結ばんのかいって、最初に話になりました

 

まとめ
「30年は長い、人生は2時間では収まらないですね」

30年3月だけという設定はよかったし、テンポもいいが、その分、あっという間に一つ一つのエピソードが過ぎていってしまう。30年とは長いものです。

宮城ロケだったので、巡礼ができたらと地元びいき目線です。

終わり方はちょっとかなと思いました。

 

音楽
「見上げてごらん夜の星を」

坂本九

メモリアル・ベスト

坂本 九 ベスト~心の瞳

坂本九 ベスト EJS-6151-JP

 

評価 D 50点 
自分の30年、ストーリーにしたらどんな風になるかなと考えてしまいました。

 

Yayoi, March

 

singark071781.hatenablog.com

singark071781.hatenablog.com

 

読者になる

お気軽に👆登録してください。こちらからも登録させていただきます。Twitterもやっています。

画像はAmazonアソシエイトからの公式提供、もしくはブログ主本人の撮影画像です。