🎬ふつ映-singark07-ブログ

🎬ふつ映-singark07-ブログ

毎日映画どうでしょう。映画・音楽・旅・食べ物・水曜どうでしょう・ゲームセンターCX・スポーツ&ブロ友さんのまとめサイトです

🎬どんな席がある?グランシアターとは?アップグレードってしたほうがいいの?「イオンシネマ新利府」紹介 #宮城 #仙台 #映画 #アニメ #声優

いつもありがとうございます!

一度紹介しましたが、そのときはパソコンが壊れていて簡単にでしたので、今回はしっかりと紹介しようと思います。

 

今日の目次

 


スポンサードリンク

 

 

「グランシアター」

・グランシアターは1つ設置されています。お値段は2500円でワンドリンク込み。

f:id:singark071781:20210423060717j:plain

 

・赤いちょっと高級そうな入口。

f:id:singark071781:20210423060719j:plain

 

・画面のサイズは普通ですが、箱がそんなに広くないので、小さいとは感じません。

f:id:singark071781:20210423060723j:plain

 

・席は広々、横も広いですが、前後がそれ以上にしっかりスペースの確保ができていて、前の人の頭でスクリーンにかぶる心配がないです。

f:id:singark071781:20210423060727j:plain

 

・手元を照らすライト(使うかどうかは?)があります。そして、リクライニングボタン。足元と背中の2ボタンで、ちょうどいいところまで自分で動かします。完全に倒すとほぼフラット状態で寝ている感覚となってしまいます。ボタン操作中、そんなに気になる音がでることはほぼないので、見ている途中で調整も可能です。態勢を変えたいときに気をつかうこともありません。席を立つと自動で元に戻ります。荷物を置くスペースもしっかりとあるので、映画館をまるで独り占めしているような快適空間。危険なことはあまりにも快適すぎるということでしょうね。

f:id:singark071781:20210423060729j:plain

 

・席数は24席と少ないです。ゆえに換気もしっかりとしているので、ちょっと寒いから、ひざ掛けなどあるといいと思います。睡魔との戦いになるような映画はあぶないかもしれないですね。見たいと思っていたら、早めの予約をおすすめします。

f:id:singark071781:20210423060734j:plain

 

・ワンドリンク券はチケット発券すると同時に出てきます。すべての種類サイズが一杯飲めます。迷わず高いのと思う方は最高の500円の黒糖タピオカミルクティーがおすすめです。タピオカのブームが続いているかはわかりませんが、モチモチして腹持ちもいい。ほかのドリンクでも温かい、冷たい、どれでも選べるので、すべて制覇していくのもありでしょう。ドリンク代がおよそ500円なので、グランシアターの席代は2000円ぐらい。イオンシネマは通常席が1000円でチケット購入(ミニオンイオンカードにて)できますので、実質、通常の倍の値段、プラス1000円です。たまに映画を見たい、しっかり見たい、癒されたい、などの時に。ただ、自分が観たい映画が常にこのグランシアターで上映されているわけではありません。人気の作品やスタートしたばかりの作品で1日2回か3回。1日1回やるかは日にちによります。1回もしないものもたくさんあるので、グランシアターで見たいというチャンスを逃すと、タイミングが難しくなります。時間とタイミングが合ったら、ぜひ、この快適空間で至高の時間を楽しむ、家では味わえない体験をどうぞ。

 

「ドリンク・フード・グッズ販売」

・レジの台数がたくさんありますので、並んでいてもスムーズに進んでいきます。

f:id:singark071781:20210423060750j:plain

f:id:singark071781:20210423063455j:plain

f:id:singark071781:20210423063502j:plain

f:id:singark071781:20210423063504j:plain

 

・グッズ販売は常設部分もありますが、人気キャラや公開初日などは机にて特別販売を行っています。このときはヱヴァンゲリヲンでした。

f:id:singark071781:20210423063837j:plain

 

「ウルトラスクリーン」

・ひとつだけ設置されています。巨大スクリーンの「ULTIRA」。音響は「DOLBY.ATMOS.」です。横に広いだけでなく、上までスクリーンがあるので、包まれるような迫力ある映像が見れます。そして、多方向から臨場感ある音感覚を楽しめます。

f:id:singark071781:20210423064152j:plain

・席は通常シート、アップグレードシート、コンフォートシートの3種類。コンフォートシートがあるのはこのウルトラスクリーンのみとなります。アップグレードシートはグランシアター以外はすべて設置されています。通常シートには脇との仕切りのカーテンがあり、カーテンは開け閉め自由となります。一人で行っても多人数で行っても楽しめる仕組みとなっていて、コロナ禍の不安が減ります。

f:id:singark071781:20210423064211j:plain

 

・コンフォートシート。スクリーンの前、見上げる形で見ることのできる、寝る感じで見るシートです。料金は通常シートと変わりません。9席準備してあります。図の「A」の部分です。

f:id:singark071781:20210423064222j:plain

 

・席数は最大の247席。大きなスクリーンで大人数で見る、これも映画の楽しみのひとつですね。コロナ禍で空間を大事にするのも、それはそれでいいですが、みんなで同じものを共有する、そういう楽しみが戻ってくることを期待します。「J」「K」列はアップグレードシートとなります。

f:id:singark071781:20210423064224j:plain

「アップグレードシート」

・ウルトラスクリーンには20席設置されています。空間の確保、高さの確保で、他の方の頭がスクリーンにできるだけかぶらない高さになっています。(グランシアターは完全にかぶりませんが、アップグレードシートは場所によっては若干かぶります)

f:id:singark071781:20210423064217j:plain

 

・シートにリクライニングはありませんが、荷物を置くスペース、広さがしっかり取られています。アップグレードシートにするには、ワンドリンク500円をつけるだけです。シート代は通常シートと変わりません。席代を1000円で取った場合は1500円となります。ワンドリンクはグランシアターと同じですべてのドリンクをひとつ選ぶことができます。ドリンク代を引くと、シート代はほぼ通常料金と同じです。

f:id:singark071781:20210423064214j:plain

 

・すべての通常シアターにもアップグレードシートがあります。スクリーンのサイズは普通なのでしょうが、ウルトラスクリーン、グランシアターを体験してしまうと、ちょっと物足りないかなと感じてしまいますね。しかし、箱が小さいと映像がしっかりと見えます。好みはそれぞれだと思いますので、その状況や作品によって変えるのも映画の楽しみだと思います。

f:id:singark071781:20210423070517j:plain

 

いかがだったでしょうか。イオンシネマ新利府は2021年にオープンしたばかりです。映画の力で世の中が明るくなりますように。

 

ブックマークコメントありがとうございます。記事内で返信させていただきます。

 

(id:zarugawa)

「ZARU」さん

https://www.zarugawa.work/

人数が少ないので、ゆったり安心して座れますよ。寝ちゃうかもぐらい解放的です。

 

 

(id:kefugahi)

「タコスカ」さん

https://www.genkotsuyama.work/

いろんなところに実際に入る前にチェックできる記事にしてみました。グランシアターはまあまあのお値段ですからね。新しい映画館は面白いです。記事ネタをひねり出しに苦戦しているわけではないですよ。(嘘です。毎日苦戦です)

 

「G-Self」さん

https://g-self.hatenablog.com/

映画に合わせて席も選ぶ映画館になってますね。

 


スポンサードリンク

 

 

 

読者になる

お気軽に登録ください。基本、こちらからも登録させていただきます。

画像はAmazonアソシエイト・もしもアフィリエイトからの公式提供、もしくはブログ主本人の撮影画像です。動画はYouTubeからの提供です。広告はグーグルアドセンス・はてなブログ(無料版)を使用して掲載しています。