🎬ふつ映-singark07-ブログ

映画紹介アーカイブ🎬「エイリアン」#映画 #映画鑑賞 #感想 #評価

こんにちは。

最近の記事ネタがなくなり、ようやく過去の記事(ずいぶんと前の2018年にヤフーブログに掲載)を移行するふつ映です。

いつもご覧いただきありがとうございます。

今回は紹介する作品はこちらです。

 

「エイリアン」

1979年 アメリカ作品 

リドリー・スコット監督

「たくさんの続編など大きな影響を与えたエイリアンの第1作目。宇宙で謎の生命体と遭遇したクルーの恐怖とサバイバル」

 

エイリアン/ディレクターズ・カット (字幕版)

 

「未知なる生物との遭遇という恐怖と、よくできた脱出ストーリー」
 
あのエイリアンが怖くていままでは見ることがなかったが、歳をとり耐性もついてきたので、ようやく見てみた。
実に面白かった。
 
あのキャラクターデザインはすごい、どうして口からあんな風に出てきてしまうのか、エイリアンと人間との距離感をうまく調整するには絶好の攻撃だ。
ただの恐怖だけの中身でない、ストーリーがよくできている。
いろんな脱出劇はこの作品を元にしているのでは、というほどよくできている。
設定も秀逸だ。
やつは急に出てきたわけではない、人間が調査に行って(結局はアンドロイドとか会社とかにリードされたものではあるが)、持ち帰ってしまう。
そして寄生・成長・・最初あんなにちっちゃかったのに、あっという間にバケモノサイズへ。
無理無理と収集しようとしたり、調べたりしてしまう理由もきちんとしていて、怖いけれど、背景のしっかりある作品だから奥が深い。
怖さと人間模様(アンドロイドも)・会社という、現代でも、まったく持って共感できる内容。近未来でも起こりうると感じたので、古さを感じない。
1979年にこれを作り出した監督・チームがすごすぎる。
 
せっかく猫ちゃんと脱出したのに、また戦うことになってしまうラスト。
エイリアンの生への執着と適応能力の高さ。ほっと一安心したら、横になっているんですもの・・声も出せませんよね。。
リプリーじゃなきゃ全滅です。強き女性の上位ランクに来るリプリー。ああいう極限でどうできるか、、が問われるとき、見本にしなくては。。
願うことなら、エイリアンとは遭遇したくないな、、真っ先にやられそう。ヘラヘラ喋っていて後ろから、、みたいな役が今の自分ですね。。
最後まで見どころ満載で、エイリアン出てからは息をつく暇もない面白さでした。
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。

 


www.youtube.com

 

「あの生物の1作目!」

 

評価C 60点

 

 

 

コメント、ブクマコメントいつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

アドセンス広告

 

 

読者登録はこちら(記事一番下)

 

 

お気軽に登録ください。基本、こちらからも登録させていただきます。

画像はAmazonアソシエイト・もしもアフィリエイトからの公式提供、もしくはブログ主本人の撮影画像です。動画はYouTubeからの提供です。広告はグーグルアドセンス・はてなブログ(無料版)を使用して掲載しています。

お店や商品の情報は買い物・食事当時のものですので、実際に購入・行く際は事前にご確認お願い致します。

 

ブックマークボタンは一番下あります。いつもありがとうございます!

 

 

プロフィール・プライバシーポリシー・お問い合わせ・PVランキング・鑑賞作品一覧とレビューリンク